JDAD認定資格「適正調査士」

日本調査業適正協議会(JDAD)は、どこの調査会社に依頼しようかお悩みの依頼者に向け、適正なサービスを提供するとともに、調査員の育成と開業を支援し、依頼者が安心して利用できる探偵業のために設立されました。

JDAD探偵学校では卒業と同時にJDADが認定する《 適正調査士 》の資格を取得できます。

現在の探偵業界は、「怪しい」「怖そう」「だまされそう」など、残念ながらイメージがよくないのが現状です。

2007年に「探偵業の業務の適正化に関する法律」が施行され、探偵業務の改善がなされましたが、まだ世間には認知されていません。

当協議会の探偵スクールを卒業された際には、「適正調査士」として認定し、クライアントが安心して依頼できる探偵として活躍することができます。

現在の離婚事情を例にご説明しましょう。

探偵の重要調査の1つ「離婚」に関する下のデータをご覧ください。 年間20万組以上が離婚しているのが現状ですが、実際に離婚(浮気など)で悩んでいる方はその10倍は予想できます。

裁判所に証拠として出せる嘘偽りのない正確な報告書をクライアントは求めていますので、JDAD探偵学校で取得できる「適正調査士」はクライアントが求める「安心・信頼」に繋がり、皆様の需要へとつながります。

JDAD探偵学校卒業生は、「適正調査士」の資格を取得できます。

「適正調査士」は、高水準の探偵技術、本格心理、探偵に必要な各種法律を学習した後、はじめて取得できる資格です。

JDAD探偵学校での授業を終えた後、認定試験を受験して頂きます。授業内容をしっかり理解していれば合格できる試験です。

認定試験合格者に、「適正調査士」の資格を授与します。資格を取得することで、JDADのバックアップの元、探偵としての第一歩を踏み出すこと可能です。