探偵社の選び方~探偵・興信所

探偵社の選び方

探偵社の選び方一例
調査力が分からない
探偵社の調査力を依頼前に判断するのは非常に困難です。当団体の会員は定期的に研修を行い調査技術を常に磨いております。 最新の機材から調査技術まで全てに自信を持ってご紹介致しております。
見積もり料金が高い、又は安すぎる
高すぎる料金には御注意下さい。探偵社の殆どは時間制ですので、時間が掛れば掛るほど驚く金額になる事があります。 また、安いからと言って報告書なし等の契約をすると本当に調査したかも分からずに請求だけされる事になります。 当団体の会員は地域で適正料金を統一し、明朗会計を行っておりますので、安心してご依頼下さい。
会社の規模で判断しない
探偵の良し悪しは会社の規模とは比例しません。1人で行っていても優秀な探偵もいますし、大手でも新人もいます。 当団体の会員(探偵社)は、高い基準をクリアした探偵社ですので、安心してご依頼頂けます。
必ず面談に行く
現在、探偵業法により所在がはっきりしない探偵社はありませんので、必ず面談へは行く様にしてください。 相談室では、公安委員会から発行される「探偵業届出証明書」を必ず確認して下さい。
他社の判断を繰り返す
面談の時他社の話をすると他社の批判を繰り返す業者がいます。探偵業に限らず他社の批判を繰り返す こと自体可笑しなことです。
契約を交わす
調査を依頼する際には必ず契約を交わします。契約書は「探偵業法」で定められた内容か確認をします。 探偵業法は コチラ からご確認下さい。
トラブルの時は?
探偵社とのトラブルの多くは「担当者と連絡が取れない」「認識の行き違い」「報告の方法」などがあります。 トラブルになった時には自分で解決せずに、日本調査業適正協議会へご報告下さい。
トラブルの事例
・契約の解除に応じない
・調査している様子がない
・つじつまが合わない報告をしてくる
・料金を振り込んだ後、連絡が取れなくなった
この様な時は当会員以外でも苦情を受付致します。

お問い合わせ
© 2016 社)日本調査業適正協議会 All Rights Reserved.